◆Dプラス 代表取締役:勝又 健一よりご挨拶

こんにちは

株式会社Dプラス 代表取締役 勝又 健一です。


私は、大学卒業後 株式会社リクルートに就職し、採用に苦しむ多くの企業様の

中途採用・新卒採用・組織活性化といった分野の開拓に従事しました。

 

 その中で 私が常に希求したのは

▼この会社が求める人材の特性とは何か?を具体化し

▼どのようなパーソナリティの持ち主がこの会社で長く働き続けられるのか?を特定し

▼この企業のどの部分をどのようなルートでアピールすることで

  求める人材からの応募が得られるのか?でした。

 

長年の経験の蓄積によってこれらを独自に方程式化し、

多種多様な企業様の求人を成功に導いてきました。

 

求人広告とは応募者をどれだけ大量に集め

審査をくぐり抜けた当該企業にベストマッチングする採用者がどれだけ残ったのか

という 数字だけですべてを判断される極めてシビアな業種で、

「 24時間働いて当然! 」といったリクルートの苛烈な社風の中、

実践的な採用ノウハウを吸収する毎日が続きました。

 

11年間 がむしゃらに走り続け、 

医師専門紹介会社 メディカル・プリンシプル社『 民間医局 』の創業メンバーとして転職、

『DOCTOR'S MAGAZINE』編集長、麻酔科プロジェクト立上げなどの事業に

7年間従事しました。


その後リクルートグループに復職し、医師専門紹介会社の老舗

株式会社日本医療情報センター(通称『JAMIC』:現 株式会社リクルートドクターズキャリア)で

勤務後、独立し株式会社Dプラスを設立いたしました。


2つの専門企業で医師採用に携わり、 求人にとどまらない医療者との多面的な関わりを

させて頂く中で、医療業界の特殊性に触れ、この特殊性が故に他の業界と比べ

未整備な点が多いことに気づきました。


そして今、大げさでなく日本の医療自体の大きな問題に危機感を抱いております。

 

私の医療界への考えは、Dプラス ”病院経営と医師不足 研究所”のサービスメニューに

色濃く反映されています。

 

私が自身の経験ノウハウを下に、考えを実現に移すことができれば、

病院や医師や日本の医療に対して、少なからずお役に立てるのではないか

と考え、Dプラス”病院経営と医師不足 研究所”を立ち上げました。


ご意見・ご要望・ご質問など何なりと歓迎いたします。
理想に向かって精一杯の努力を続けてまいります。どうぞ宜しくお願い致します。

D-PLUSは

◇医師(Doctor)に対し   ◇病院に対し         ◇ 患者に対して、
 +働きやすさのプラス       +いい医師をプラス         +いい病院をプラス
 +働きがいのプラス         +いいスタッフをプラス      +いい意思をプラス
 +必要な情報をプラス       +いい環境作りをプラス   を通じて医療業界全体のプラスに貢献する企業です
 

電話ボタン.jpg ボタン.jpg