『医療崩壊の真実』読書感想

                                                P1000571.JPG

 

 

 

医師:田中清高

読んでいるときから、「そうだ、そうだ」「良く書いてくれた」という思いが何度も出てきました。

多くの著書は、現場を十分に知らないにも関わらず、「聞いた話」や想像で勝手な考察をしているため、その本質に切り込んでいないのですが、本書は現場を十分に把握し、しかも、医療者側と患者側の両面から中立に分析しているところは評価に値すると思います。


このような書物はいくつかありますが、国家財政から始まり、医療経済的な配分の話を語ったものであったり、一方、医療現場のゴシップ的な話が中心であったりとなど、本書の様に本音や本質にせまっているものは皆無にちかいと思います。

今回、勝又さんが、この本を書いていただき、私を始め多くの医療従事者は嬉しいと感じるでしょうし、良識ある患者さんたちは見識を深めることになると思います。
可能なら、第二弾、第三弾と書いて頂き、さらにはマスコミに出ていただき、本音・本質を皆さんに知ってもらいたいと思います。そうすれば、日本の医療も少しは変わるのではないかと思い
ます。

勝又さん、頑張って!!